世界でも珍しい「離婚できない国」

皆さんは、結婚することはできるが、離婚することができない国があると知っていましたか?

法的に「離婚」という概念が無く、それを取り決めた法律が無いのです。

その国はどこかと言うと、なんとフィリピンです。

世界中で、バチカン市国という小さい国を除けば、フィリピンだけです。

カトリック教会の力が強く、妊娠中絶や離婚を固く禁じています。

なので、フィリピンでは、一度結婚したら、その相手が死ぬまで結婚を続けなければならないことになります。

ただし、これでは具合が悪い人もいるでしょうから、一つ、法律で認められた制度があります。

それは、アナルメントという制度です。

離婚するのではなく、結婚を無効にする制度です。結婚したことを取り消す制度という感じです。

ただしアナルメントは、高い費用と時間をかけて裁判を行って、結婚の無効を認められなければなりません。

現実的には、フィリピンでも富裕層でないと難しいようです。

そのため、同居しても結婚しない人や、子どもは作っても結婚せずにシングルマザーを選ぶ人が増えているそうです。

今や日本は3組に1組が離婚していますし、欧米では離婚した女性の権利が保障されているので、さらに離婚率は高くなっています。

そんな現代でも、離婚が認められていないというのは、建前重視のようで、実際には破綻している夫婦も多く、時代遅れな制度という気がします。

実際、フィリピン人も離婚できる制度に変えるべきだと考えている人は多いようです。

APFSでも、たまに、日本人との離婚や再婚したいフィリピン人の方から相談を受けることがありますが、やはり、手続きがかなり大変です。時間もお金もかかります。

個人的な意見ですが、フィリピンでも早く現実的な制度になると良いと思います。

コメントを残す