新規ブログ開設しました。

こんにちは。浅井秀樹と申します。

私は日本国内に中長期間暮らしている外国人(定住外国人)へのサポート活動をしている一サラリーマンですが、その活動内容や定住外国人に関する情報を整理するために本ブログを開設しました。

日本は数年前から少子高齢化で総人口が減少し始め、さらにそれを上回る勢いで生産年齢人口が急減しており、社会問題化しているのは皆さんご存じの通りです。

その一方で、日本に来る外国人はここ数年急増しており、全国各地で多くの外国人を見かけるのは既に日常風景となりました。

現在、短期滞在(観光など)ではなく3か月以上日本に住んでいる外国人は256万人(2017年末)で、日本の総人口が1億2652万人(2018年3月末)ですからちょうど全体の2%、50人に1人が外国人です。

そして、今話題になっているのは、日本で特に将来の人手不足が心配されている介護分野や農業の担い手として、外国人「移民」を呼び寄せるのかどうか、という問題ですね。

 

移民問題にはいろいろな意見があり、簡単に方針が決まる問題ではないと思いますが、いずれにしてもこれだけ日本に増えてきた外国人が、実際どこでどんな生活をし、何を思っているのか?

意外に日本人の私たちは知らないのではないでしょうか。

私はこのことについて以前より興味があったので、過去5~6年間、都内や神奈川県で日本語指導をしながら(いわゆるボランティア教師です)をしながら定住外国人と交流をしてきました。それはとても楽しく良い経験でした。

ただし、実際日本語を学びに来る外国人は、留学生や永住者が多く、もっといろいろな定住外国人のことを知りたいと思っていた私は、今年から都内のあるNPO法人の活動に参加し始めました。

そこでは色々な層の外国人の相談を受けるので、日本語指導とはわけが違い、幅広い知識と経験を必要とするのですが、今は補助的な作業を行いながら、外国人へのサポートについて学習しているところです。

このサイトでは、定住外国人のニュースや統計データをはじめ、自身の活動内容や考え、また全く関係のないことも時々書いていきたいと思います。

私自身、学識者でも何でもないので、難しい記事は避けて、「一般の人にわかりやすい記事」を心がけていきます。

では皆さんよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す